病院 | KURAGE online

病院 | KURAGE online

「 重症患者 」 の情報 

「防ぎ得た急変なくしたい」現場における情報共有の課題を解決するCROSS SYNC

株式会社CROSS SYNCは横浜市立大学附属病院の医師・高木俊介代表が設立した医療ベンチャーで、急性期にある重症患者のバイタルをスマホ

法外な値で病床あっせん 新型コロナ重症者に―ペルー

【サンパウロ時事】南米ペルーの首都リマの国立病院で、新型コロナウイルスの重症患者に法外な値で集中治療室(ICU)のベッドをあっせんした

変異ウイルス ワクチン1回接種後に感染するケースも

新型コロナウイルス感染が再び広がる中、重症患者の治療にあたる病院ではインドで広がる変異ウイルス「デルタ株」の患者がみられるように

医療崩壊の瀬戸際 岡山県の現状【現場から、新型コロナ危機】

新型コロナウイルス患者の中等症・重症患者を受け入れている岡山県倉敷市の川崎医科大学附属病院です。カーテンの向こう側の空間は、他へ空気が

新型コロナ感染拡大で需要増加 鎮静剤が不足

病院によりますと、全身麻酔に使う鎮静剤「プロポフォール」は新型コロナの重症患者の治療では気管に挿管して人工呼吸器を装着している患者の痛み

大阪は「何を間違えた」のか…第4波で「かつてない医療危機」に陥った大阪府、見えてきたコロナ ...

しかし、重症病床がいっぱいになったことで、影響は全体へと広がっていったのです。 この時に、重症患者を受け入れていた病院は、どうなっていた

焦点:声上げる日本の医療関係者、コロナ下の東京五輪を危惧

聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院で働く斉藤浩輝医師(中央)は、新型コロナウイルス感染が広がり始めた当初から重症患者を診てきた。

「コロナは災害」重症患者受け入れ病院 病床ひっ迫で受け入れ断る外傷患者も 医師が頭抱える ...

新型コロナの重症患者を受け入れている名古屋市の大学病院を取材すると、骨折患者を断る場面に遭遇。病床がひっ迫し、救急搬送された患者の

重症病床は依然ひっ迫…いきなり重症病床に運び込まれるケース増加 鎮静剤が供給不足

大阪医科薬科大学病院では現在、ICU=集中治療室で10の新型コロナウイルスの重症患者を受け入れています。今年4月以降、ベッドが空くと

<医療現場は今 第4波の岐阜市民病院> (上)神経張り詰める医師ら

新型コロナウイルスの重症患者を受け入れる岐阜市民病院中央診療棟のHCU(高度治療室)。医師らは、民間病院から救急搬送されてきた患者を

Copyright© 病院 | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.